アロワナを飼育するときに気をつけたい3つのこと

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 アロワナの飼育方法

アロワナを飼育するときに気をつけたい3つのことExif_JPEG_PICTURE

何も気にしないで飼育していると、目が垂れてしまったり顎がずれてしまったりすることがあります。アロワナを飼育するには気をつけないといけないことがあります。今回の記事では、アロワナを飼育するときに気をつけたいことを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

アロワナを飼育する場合には気をつけないといけないことがいくつかあります。何も知らずにアロワナを飼ってしまうと、飼いきれなくなってしまうことがあります。

 

 

また、正しい飼い方をしないと顎ズレがひどくなってしまったり目垂れがひどくなってしまうことがあります。美しい姿でアロワナを長生きさせるためにも、正しい飼い方で飼育しましょう。

 

 

今回の記事ではアロワナを飼育するときに気をつけたいことを紹介するので、初めてアロワナを飼育しようと思っている人はぜひ読んでみてください。

 

それでは、アロワナを飼育するときに気をつけて欲しいことを紹介します。

 

 

 

 

1、アロワナにあった水槽を用意する

 

寿工芸 レグラスフラット F-1200L-LOW
 

 

アロワナを健康的に飼育するには、ちゃんとアロワナにあった水槽で飼育するようにしましょう。

 

 

ただ、サイズが大きければいいというわけでもありません。幼魚のアロワナを大きい水槽で飼育すると、餌を見つけることが出来ずに、痩せてしまったり、余計なゴミが出て飼育水を汚してしまいます。

 

10㎝前後の幼魚から飼育する場合には、45㎝の水槽をひとつと、大きくなった時用の120㎝の水槽の2つ用意するようにしましょう。

 

 

25㎝ぐらいまで大きくなって、45㎝水槽では狭くなってきたなって思ったら、120㎝の水槽に移すようにしましょう。

 

 

シルバーアロワナの場合は、1年ぐらいで35㎝ぐらいまで成長します。なので、1年後には大きめの水槽が必要になるのであらかじめ用意しておくのがいいと思います。

 

1mぐらいまで大きくなるシルバーアロワナを飼育する場合には水槽のサイズを3段階で大きくしていくのがいいと思います。

 

 

120㎝の水槽では、大きくなったシルバーアロワナでは小さいので、120㎝の水槽が小さくなってきたら180㎝の水槽に移しましょう。

 

 

いくつも水槽を購入するのは大変だと思います。そういう場合には、水槽に大きめの水槽を購入して、仕切りをつけて飼育しましょう。

 

水槽の仕切りに使うセパレーターは1枚5000円ぐらいから高いものでは1万円ぐらいで販売されています。

 

 

セパレーターを使えば、アロワナのサイズに合わせて水槽のサイズを調整することができるので、アロワナを飼育する場合には大きめの水槽と水槽を仕切るセパレーターを用意しましょう。

 

2、水温と水質を安定させる

 

マーフィード スタンダード・クラシック 浄水器
 

 

水温と水質を安定させることは、熱帯魚やアロワナを飼育させるには欠かせません。

 

水温が安定せずに、短時間で急激に水温が変化してしまうと、ストレスを感じて病気になりやすくなってしまうので、水換え時や季節の変わり目などは十分注意するようにしましょう。

 

 

ヒーターを使っていても、突然ヒーターが壊れてしまうことがあります。なので、ヒーターも予備をあらかじめ用意しておいて、いつでも交換できるようにしておきましょう。

 

アロワナは寿命も長いので飼っているとどんどん愛着が湧いてきます。気が付いたらヒーターが壊れていて水温がすごく下がってアロワナが死んでしまったといったことがないようにしましょう。

 

水温計もデジタルのもので見やすいものにするのがいいと思います。いつでも水温を確認することができれば、水温の変化に早く気がつくことができるので、アロワナへのダメージを最小限にすることができます。

 

アロワナを飼育する場合には大型の水槽が必要になるので、その分水換えも大変になります。水を作っておいておくこともできますが、それでは大変なのでマフィードの浄水器を用意しておくのがいいと思います。

 

マフィードの浄水器が水道水のカルキを抜くことができるので、水道水をそのまま水槽に移すことができます。

 

 

3、適切な量の餌を与える

 

 

 

アロワナの顎がズレてしまう原因は、栄養不足が原因です。

 

餌を与え過ぎても脂肪過多になってしまうので、多すぎず少なすぎず適切な量を与えてください。アロワナに餌をあげる場合には1日1回の適切な量を与えましょう。

 

 

餌はアロワナの体長に合わせて適切なものを与えてください。アロワナが小さい10㎝未満の場合には、冷凍の赤虫を溶かして与えてください。

 

10㎝よりも大きくなったらキューリンのカーニバルを与えるのがいいと思います。生き餌を与えたい場合には小さいミルワームを与えてください。

 

ミルワームが大きいとちゃんと食べることができないので、なるべき成長していない小さいミルワームをあげるようにしてください。

 

 

おすすめの飼育ケージ

寿工芸 コトブキ 1200L SV 4点 LED

寿工芸 コトブキ プロスタイル 1200L ブラック

バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm)

関連記事

アロワナにはどんな種類がいるの?アロワナの種類を紹介

アロワナにはたくさんの種類がいます。種類によっては比較的値段が安いものがいたり、飼育が簡単なものがい

記事を読む

アロワナを飼おう!!種類別アロワナの平均寿命を紹介!!

アロワナを飼ってみようと思う人は多いと思います。でも、飼う前にはどのぐらい生きるのかって気に

記事を読む

no image

初めてアロワナを飼う人へ!アロワナの飼い方を紹介!

    アロワナはとても人気の高い魚です。見た目もとても綺麗なので飼

記事を読む

アロワナを飼育するならベアタンクがオススメ!!ベアタンクのメリットを紹介

アロワナなどの大型の魚を飼育する場合には、ベアタンクで飼育するのがオススメです。ベアタンクで

記事を読む

アロワナが餌を食べない時どうしたらいい?アロワナが餌を食べない時の対処法を紹介

アロワナが餌を食べなくて困っているって人も多いんじゃないでしょうか?  

記事を読む

ノーザンバラムンディとアロワナの違いとは?ノーザンとアロワナの違いを紹介

ノーザンバラムンディはアロワナと同じアロワナ科の魚ですが、アロワナとは見た目も特徴も結構違います。ア

記事を読む

アロワナの目垂れをさせたくない人へ!アロワナの目垂れを防ぐ方法を紹介

アロワナを飼育している人の中には目垂れが気になるって人も多いんじゃないでしょうか。アロワナを飼ってい

記事を読む

アロワナが鱗欠けになってしまった時の対処法を紹介

  アロワナを飼育していると、鱗の縁が欠けてしまうことがあります。ガジガジ病なんて呼

記事を読む

no image

アロワナを飼育する時の注意点を紹介!!

アロワナは見た目も美しく、大きく成長するので迫力もあってとても人気の高い古代魚です。以前ほどの人気は

記事を読む

アロワナの飼育にオススメの人工餌とは?オススメの人工餌を紹介

アロワナを飼育していると、人工餌を食べない個体がいたりして大変ですよね。ワームやコオロギなど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑