カラープロキロダスってどんな魚?カラープロキロダスの特徴と飼育方法を紹介

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 アロワナの混泳相手にオススメの魚

カラープロキロダスってどんな魚?カラープロキロダスの特徴と飼育方法を紹介カラプロ

アロワナを飼育している人に混泳魚としてとても人気の高いのがカラープロキロダスです。カラープロキロダスは水槽の掃除役としても力を発揮してくれて、水槽の底面に集まるゴミを綺麗にしてくれます。今回の記事ではカラープロキロダスの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

カラープロキロダスは水槽の掃除役として多くの魚を混泳されることがあります。風水的にもアロワナとの混泳は相性がいいみたいで運気をあげるなんて話も有名です。

 

水槽の掃除能力も高く、カラープロキロダスとセルフィンプレコを飼育していれば、水槽内にコケがつくことやゴミが溜まってしまうことはほとんどなくなります。

 

 

飼いやすく水槽の掃除能力も高いので、アロワナなどの混泳相手を探している人にとってはとてもオススメの魚です。

 

今回の記事ではカラープロキロダスの特徴と飼育方法を紹介するので、カラープロキロダスを飼ってみようと思う人は是非読んでみてください。

 

 

それでは、カラープロキロダスの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

 

 

 

1、カラープロキロダスの特徴

 

(熱帯魚)カラー・プロキロダス Mサイズ(ワイルド)(1匹) 本州・四国限定[生体]
 

 

カラープロキロダスは南米のアマゾンに生息する魚です。カラシンの仲間で体調は20㎝〜30㎝ぐらいまで成長します。

 

ヤスリのような歯で、水槽のガラス面についているコケを食べてくれたり、水槽の底に溜まる餌の食べ残しなどを食べてくれます。

 

 

水槽のタンクメイトとして、アロワナなどの大型魚と混浴されることが多く、大きな水槽の掃除役として飼われることが多いです。

 

アロワナなどと大きな魚との混泳だったら問題ないのですが、ポリプテルスなどのおとなしい種類の魚とは混泳させないようにしましょう。

 

 

おとなしい魚と一緒に混泳させていると、ヤスリのような歯で、体の表面を舐めて怪我をさせてしまいます。

 

 

カラープロキロダスと混泳させている魚の鱗が剥げている場には体を舐められて怪我をしている可能性があります。鱗が剥がれていなくても体の表面についているヌルヌルした体液を舐めとってしまいます。

 

 

体液を舐められるとどんどん弱っていってしまいます。目立って怪我がなくても弱って死んでしまうことがあります。

 

カラープロキロダスは水槽の底の方を泳ぐので、カラープロキロダスと混泳させる魚は水槽の上の方を泳ぐ魚にしましょう。

 

2、カラープロキロダスの飼育方法

 

 

 

カラープロキロダスは飼育が簡単な種類の魚です。

 

 

水質も水温も結構許容範囲が広いので、結構飼いやすいと思います。水温は20〜30度ぐらいだったら大丈夫なので26度ぐらいに安定させて、pHは7前後で安定させましょう。

 

餌もなんでも食べるので、冷凍のイトメや乾燥餌など何をあげてもちゃんと食べます。

 

 

カラープロキロダスは食欲が旺盛なので、混泳相手の食べ残しだけでは痩せていってしまいます。なので、カラープロキロダスにも餌を用意して毎日あげてください。

 

カラープロキロダスは痩せてくるとお腹がへっこんで、次第に背びれの下のあたちが減っこんで来ます。背びれの下がへっこんでくると、もうすぐ餓死してしまいます。

 

もし背びれの付け根あたりがへこんできたら餌が食べられていないので、違う水槽に移して飼育しましょう。

 

また、カラープロキロダスはジャンプ力がすごいので、水槽に蓋をしないとジャンプして簡単に外に出てしまいます。

 

カラープロキロダスを飼育する場合には水槽に蓋をして、隙間が開かないように注意しましょう。

おすすめの飼育ケージ

寿工芸 コトブキ 1200L SV 4点 LED

寿工芸 コトブキ プロスタイル 1200L ブラック

バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm)

関連記事

アロワナを飼育するならどんな水槽がいい?アロワナの飼育にオススメの水槽を紹介

アロワナを飼育するには、どんな水槽で飼うかがとても重要です。大きすぎてもよくないし小さく技手

記事を読む

no image

アフリカンシクリッドを飼いたい人へ!アフリカンシクリッドの飼育方法について紹介!!

    アフリカンシクリッドは見た目が美しく綺麗な魚です。飼育も簡単

記事を読む

no image

ダトニオを飼いたい!!ダトニオの特徴と飼育方法を紹介!!

  ダトニオはアロワナの混泳相手としても人気の高い種類の魚です。成長するにつれて体も

記事を読む

no image

アイスポッドシクリッドの特徴と飼育方法を紹介!!

  アイスポットシクリッドは南米のアマゾンに生息する魚です。大型のシクリッドで生息地

記事を読む

キングコングパロットってどんな魚?キングコングパロットの特徴と飼育方法を紹介

アロワナとの混浴相手として人気が高いのがキングコングパロットです。見た目も可愛く色も鮮やかなので、水

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑