ノーザンバラムンディを飼育するときの理想の水槽のサイズは?

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 アロワナの飼育方法

ノーザンバラムンディを飼育するときの理想の水槽のサイズは?ノーザンバラムンディを飼育しようと思うと水槽のサイズで悩みますよね。90センチの水槽でも大丈夫って情報があったり、120センチの水槽がいいって情報もあったりして迷いますよね。今回の記事ではノーザンバラムンディを飼育するときの理想の水槽サイズを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ノーザンバラムンディは体が硬いので大きめの水槽が必要だと言われています。

 

水槽が小さいと上手く水槽内をターンすることができないので、水槽が小さいと運動不足になってしまったり、最悪死んでしまうことがあります。

 

 

今回の記事ではノーザンバラムンディを飼育するときの理想の水槽サイズを紹介するので、ノーザンバラムンディを飼っている人やこれから飼おうと思っている人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではノーザンバラムンディを飼育するときの理想の水槽サイズを紹介します。

 

 

 

 

 

1、最低限必要な水槽サイズ

 

寿工芸 レグラスフラット F-1200L-LOW
 

 

 

ノーザンバラムンディを飼育するには最低限必要な水槽のサイズがあります。

 

 

ノーザンバラムンディは最大で60センチぐらいまで成長するので、最低でも幅90センチ奥行き60センチが必要です。幅90センチ奥行き60センチないと大きくなったノーザンバラムンディは水槽内で方向転換することができません。

 

 

方向転換ができないと運動不足になって脂肪が多く付いてしまうことがあります。運動不足になったり脂肪が多く付いていると消化が悪くなってしまうことがあります。

 

 

しっかり運動が出来て、ストレスなく飼育する場合には幅90の奥行き60の水槽を用意しましょう。

 

2、混泳させるなら幅120が必要

 

 

 

プレコなどの魚と混泳させる場合には120センチ以上の水槽を用意しましょう。

 

幅90センチの水槽で混泳させると、水槽が小さいので喧嘩をしてしまうことがあります。混泳させる魚にもよりますが、プレコといったコケ取り役と混泳させる場合には120センチの水槽を用意しましょう。

 

 

混泳させる相手によってはもっと大きな水槽が必要になってきます。また、ノーザンバラムンディは気性が荒いので、狭い水槽で混泳させてしまうと喧嘩をしてしまいます。

 

 

120センチの水槽で飼育する場合にはセルフィンプレコなどのタンクメイトとの混泳がいいと思います。ガーなどと混泳させる場合には120センチの水槽では少し狭いかもしれません。

 

 

120センチの水槽でも、奥行きが60センチ以上ないと上手く水槽内で方向転換することができません。120センチの水槽を用意する場合も奥行きは60センチ以上にしましょう。

 

 

 

 

3、ノーザンバラムンディは結構体が丈夫

 

 

 

ノーザンバラムンディは結構体が丈夫なので、そんなに気にしないでも元気に育ちます。

 

 

単独で飼育する場合は幅90センチ奥行き60センチあれば十分に飼育することができます。将来的に混泳させることがあるなら、120センチの水槽を用意しておくのがいいと思います。ノーザンバラムンディは最大で60センチまで成長しますが。、水槽で飼育する場合ノーザンバラムンディはそんなに大きくなりません。

 

 

水槽で飼育した場合は大きくても50センチぐらいで成長が止まると思います。最大60センチって言われると90センチの水槽だと少し小さいかなって思うかもしれませんが、そこまで大きく成長しないので安心てください。

おすすめの飼育ケージ

寿工芸 コトブキ 1200L SV 4点 LED

寿工芸 コトブキ プロスタイル 1200L ブラック

バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm)

関連記事

ノーザンバラムンディを飼育するにはどうすればいいの?ノーザンバラムンディの飼育方法を紹介

ノーザンバラムンディはアロワナの仲間で、アロワナに似てとても美しい魚です。体も丈夫で、値段もそれほど

記事を読む

シルバーアロワナを飼育するときに気をつけたいことを紹介

    シルバーアロワナはアロワナの中でも値段がやすいので、

記事を読む

アロワナのベビーを育てるときに気をつけたい3つのこと!

ブラックアロワナでもシルバーアロワナでもアダルト個体よりもベビーのほうが値段も安く販売されています。

記事を読む

ノーザンバラムンディーを混泳させたい人へ!ノーザンを混泳させるときの注意点を紹介

ノーザンバラムンディを他の魚と混泳させる場合には注意が必要です。ノーザンバラムンディは幼魚のころから

記事を読む

アロワナの目垂れをさせたくない人へ!アロワナの目垂れを防ぐ方法を紹介

アロワナを飼育している人の中には目垂れが気になるって人も多いんじゃないでしょうか。アロワナを飼ってい

記事を読む

ノーザンバラムンディとアロワナの違いとは?ノーザンとアロワナの違いを紹介

ノーザンバラムンディはアロワナと同じアロワナ科の魚ですが、アロワナとは見た目も特徴も結構違います。ア

記事を読む

アロワナにはどんな種類がいるの?アロワナの種類を紹介

アロワナにはたくさんの種類がいます。種類によっては比較的値段が安いものがいたり、飼育が簡単なものがい

記事を読む

ブラックアロワナを混泳させる場合にはどうしたらいい?ブラックアロワナを混泳させる方法を紹介

ブラックアロワナを混泳させようって思う人って多いと思います。ブラックアロワナを混泳させることは難しい

記事を読む

ノーザンバラムンディーってどんな魚?ノーザンバラムンディの特徴と飼育方法を紹介

アロワナに似た魚で、ノーザンバラムンディって魚がいます。ヒレや尻尾の部分などはアロワナと少し違います

記事を読む

アロワナの飼育に最適な餌とは?アロワナの飼育に最適な餌を紹介

  アロワナを初めて飼育しようと思うと、どんな餌をあげればいいのかわからない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑