ブラックアロワナを混泳させる場合にはどうしたらいい?ブラックアロワナを混泳させる方法を紹介

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 アロワナの飼育方法

ブラックアロワナを混泳させる場合にはどうしたらいい?ブラックアロワナを混泳させる方法を紹介ブラックアロワナを混泳させようって思う人って多いと思います。ブラックアロワナを混泳させることは難しいですが不可能ではありません。今回の記事では、ブラックアロワナを混泳させるときに気をつけて欲しいことを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ブラックアロワナはアロワナの中でも臆病な種類なので、他の魚と混泳させるのが難しいと言われています。

 

ブラックアロワナは水槽の外を人が通るだけでびっくりして水槽の天井に激突してしまうことがあります。ぶつかる場所が悪いとそれで死んでしまうことがあります。

 

それだけ臆病なので、混泳相手に怯えて餌が食べられなかったりすることがあります。

 

混泳させると餌が食べられないだけじゃなく、虐められて殺されてしまうことがあります。

 

今回の記事ではブラックアロワナを混泳させるときに気をつけて欲しいことを紹介するので、ブラックアロワナを混泳させようと思ひとはぜひ読んでみてください。

 

それでは、ブラックアロワナを混泳させるときに気をつけて欲しいことを紹介します。

 

 

 

 

1、ブラックアロワナ同士を混泳させる時の注意点

 

ブラックアロワナ Sサイズ(約7cm)(ベビー)<1匹>[生体]
 

 

ブラックアロワナ同士を混泳させるのは非常に難しいです。縄張りが作れないぐらい過密な状況で飼育すれば、混泳させることもできますが、それでも虐められたり餌が食べられなかったりして、死んでしまう個体も出てきます。

 

ブラックアロワナ同士で混泳させる場合は数匹は死んでしまうことを覚悟で混泳させるのがいいと思います。

 

すごい過密な状況で飼育するか、大きな水槽でお互いに縄張りが持てるようにしましょう。90センチ水槽の場合は20センチ前後のブラックアロワナを6匹前後一緒に飼育するのがいいと思います。

 

 

飼育密度を高くするとすぐに水が汚れます。なので、ブラックアロワナを混泳させる場合はベアタンクで飼育するのがいいと思います。

 

ベアタンクで飼育すれば水槽の底にブラックアロワナの糞がたまります。ポロホースで糞を吸い取って水換えをすれば簡単に水質を維持することができます。

2、他の魚と混泳させる時の注意点

 

 

 

ブラックアロワナはすごく臆病な魚です。エアレーションから出る空気を怖がって水槽の端っこに隠れることがあります。

 

そのぐらい臆病なので、混泳させる魚によっては怖がって水槽の端に隠れてしまいます。水槽の端に隠れていると十分に餌が食べられずに痩せてしまいます。

 

なので、ブラックアロワナと他の魚を混泳させる場合はブラックアロワナが怖がっていないかをよく注意しましょう。

 

プレコなど水槽の底面を泳ぐ魚との混泳であれば、それほど怖ることはないので、ブラックアロワナと混泳させるにはセルフィンプレコがいいと思います。

 

セルフィンプレコなら、水槽の掃除もしてくれるし、おとなしいのでプレコと喧嘩したりすることはありません。また、アロワナを飼育する場合には、カーニバルなどの水面に浮く餌を与える必要があります。

 

水槽の上の方を泳ぐ魚と混泳してしまうと、アロワナの餌まで食べてしまうことがあるので、プレコなどの底面を泳ぐ魚と混泳する方がいいです。

 

 

 

 

3、パロッドなどの魚と混泳するときの注意点

 

 

 

アロワナはよくカラープロキロダスやキングコングパロットなどの魚と混泳されます。

 

 

私はあまり詳しくないのですが、中国では風水の関係でアロワナとカラープロキロダスを混泳させる人が多いようです。カラープロキロダスやキングコングパロットと一緒に飼育してしまうと、アロワナの餌を食べてしまうことがあるので注意する必要があります。

 

アロワナと餌の取り合いをしないようにするには、先にパロットやカラプロに餌をあげるのがいいと思います。沈むタイプの餌を与えれば、アロワナはあまり餌を追わないのであまり取り合いになりません。

 

カラプロは流木を食べたりもするので、カラプロと混泳する場合には流木を入れておいたほうがいいと思います。

 

おすすめの飼育ケージ

寿工芸 コトブキ 1200L SV 4点 LED

寿工芸 コトブキ プロスタイル 1200L ブラック

バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm)

関連記事

ブラックアロワナってどんな魚?ブラックアロワナの特徴と飼育方法を紹介

ブラックアロワナはアロワナのなかでも値段も安く人気の高い種類の魚です。アロワナを飼うならブラックアロ

記事を読む

ノーザンバラムンディを飼育するにはどうすればいいの?ノーザンバラムンディの飼育方法を紹介

ノーザンバラムンディはアロワナの仲間で、アロワナに似てとても美しい魚です。体も丈夫で、値段もそれほど

記事を読む

アロワナが良くなる病気とは?アロワナがよくなる病気と病気を治す方法を紹介

アロワナも他の魚と同じように病気になることがあります。アロワナは飼育が難しいイメージがありますが、病

記事を読む

アロワナを飼育するならベアタンクがオススメ!!ベアタンクのメリットを紹介

アロワナなどの大型の魚を飼育する場合には、ベアタンクで飼育するのがオススメです。ベアタンクで

記事を読む

アロワナの餌にはフルーツゴキブリがオススメ!!フルーツゴキブリの魅力を紹介

ゴキブリをアロワナに与えると鱗の光沢が増すって知ってましたか?アロワナに最適な餌はゴキブリだ

記事を読む

アロワナを通販で購入するときに気をつけたい3つのこと!!

アロワナが自宅の近くの熱帯魚屋さんで販売していないって人も多いんじゃないでしょうか?

記事を読む

no image

アジアアロワナを飼いたい人が知っておきたいアロワナのこと

他の魚に比べてアジアアロワナはすごく値段が高いです。アジアアロワナは見た目もとても美しいので、高くて

記事を読む

アロワナのベビーを育てるときに気をつけたい3つのこと!

ブラックアロワナでもシルバーアロワナでもアダルト個体よりもベビーのほうが値段も安く販売されています。

記事を読む

アロワナを飼育するならどんな水槽がいい?アロワナの飼育にオススメの水槽を紹介

アロワナを飼育するには、どんな水槽で飼うかがとても重要です。大きすぎてもよくないし小さく技手

記事を読む

アロワナにはどんな種類がいるの?アロワナの種類を紹介

アロワナにはたくさんの種類がいます。種類によっては比較的値段が安いものがいたり、飼育が簡単なものがい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑