アリゲーターガーってどんな魚?アリゲーターの特徴と飼育方法を紹介

2018年8月2日

アリゲーターガーってどんな魚?アリゲーターの特徴と飼育方法を紹介アリゲーター

アリゲーターガーはとても大きく成長するので、ピラルクーに並んで世界最大の淡水魚などと呼ばれています。アリゲーターガーはガーバイクの中でも安い値段で販売されているので飼ってみようと思う人も多いと思います。今回の記事ではアリゲーターガーの特徴と飼育方法を紹介します。

[ad#co-1]

 

 

アリゲーターガーはとても体が丈夫で生命力も強いので、他のガーバイクに比べて病気になりずらいので、アクアリウム初心者の人でも飼いやすいと思います。

 

ただ、体調は世界最大と言われるだけあってすごく大きくなってしまいます。日本でも大きくなって飼いきれなくなってしまったアリゲーターガーが逃がされて野生化しています。

 

日本の川や池にもアリゲーターガーが生息していて、釣りをしていると釣り上げてしまうこともあるそうです。

 

 

アリゲーターガーは最大で2.5メートルほどまで成長するので、アリゲーターガーを飼育する場合には大型の水槽を用意しましょう。

 

今回の記事ではアリゲーターガーの特徴と飼育方法を紹介するので、アリゲーターガーを飼ってみようと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではアリゲーターガーの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

 

 

1、アリゲーターガーの特徴

 

 

 

アリゲーターガーは特徴はとても大きな体です。

 

 

世界最大級の淡水魚と言われるだけあって体長は最大で2.5メートルまで成長します。水槽で飼育していればそこまで大きく成長することはまれですが、水槽で飼育していても1.5メートルぐらいまで成長します。

 

 

2メートルまで成長することを考えると、水槽は3メートル以上のサイズが必要になります。3メートルを超える水槽は安いものでも100万円前後してしまうので、アリゲーターガーを購入する際にはちゃんと水槽を用意できるかを考えてから購入しましょう。

 

アリゲーターガーは他のガーバイクに比べて見た目が少し地味ですが、他のガーバイクに比べれば体ががっしりしていて迫力があります。

 

アリゲーターガーの中にはプラチナのアリゲーターガーもいて、値段はすごく高いですが全身が白くて美しい種類のアリゲーターガーもいます。

 

また、アリゲーターガーは他の魚と違い、淡水でも海水でもどちらでも生きていくことができます。ジュラ紀から地球に生息している魚なので、古代魚が好きな人にとっても魅力的な魚だと思います。

 

アリゲーターガーの値段はそれほど高くなく。普通のアリゲーターガーの場合は幼魚が2000円前後で販売されています。

 

それほど値段も高くないので、衝動買いしてしまいたくなりますが、ちゃんと飼い切れるか考えてから購入しましょう。
[ad#co-1]

2、アリゲーターガーの飼育方法

 

 

 

アリゲーターガーは体が丈夫なので病気になったり空くことも少なく、アクアリウム初心者の人でも大型の水槽を用意することができれば簡単に飼育することができます。

 

とても体が丈夫で生命力が強いので、飼いきれなくなって放流されてしまったアリゲーターガーが野生化して繁殖してしまって問題になってしまいます。

 

冬の日本の川でも繁殖することができるぐらいなので、水温にもうるさくないので、簡単に飼育することができます。水温は20〜28度の間で安定させて、pHは7前後で安定させておけば病気になったりする心配はありません。

 

 

幼魚から飼育する場合にはちゃんと餌が食べられているかよくチェックしましょう。

 

 

10センチ前後のアリゲーターガーを飼育する場合には、冷凍の赤虫を溶かして与えてください。15センチ前後まで成長したらメダカを食べることもできるので、メダカを10匹前後同じ水槽に入れましょう。

 

10匹前後メダカを入れておけば、アリゲーターガーが勝手に食べるので、減ってきたらまた足してください。

 

 

 

こんな記事もオススメです

 

スポテッドガーってどんな魚?スポテッドガーの特徴と飼育方法を紹介

トロピカルジャイアントガーってどんな魚?特徴と飼育方法を紹介

スポッテッドガーを混泳させることきに気をつけてほしいことを紹介