スポッテッドガーの飼育方法を紹介!!

2019年5月8日


スポッテッドガーの飼育方法を紹介!!640_480

 

スポッテッドガーはアリゲーターガーほど体調も大きくならないので飼いやすいと思います。ガーバイクを飼ってみたいと思う人にはとてもオススメの魚です。今回の記事ではスポッテッドガーの飼育方法を紹介します。

 

 

 

スポッテッドガー体調が60センチぐらいまでしか成長しないので、120センチ水槽で飼育することができるので、アリゲーターガーなどの大型のガーバイクを飼育することに比べればとても飼いやすいと思います。

 

 

大型の水槽が必要になりますが、アリゲーターガーに比べれば小さい水槽で飼育することができるので、ガーバイクを飼ってみたいと思う人はスポッテッドガーから飼育を始めるのがいいと思います。

 

 

今回の記事ではスポッテッドガーの飼育方法を紹介するのでスポッテッドガーを飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

それではスポッテッドガーの飼育方法を紹介します。

 

 

 

 

1、スポッテッドガーの飼育に必要な水槽

 

 

 

スポッテッドガーを飼育する場合は最低でも幅120センチの奥行き60センチの水槽が必要になります。

 

スポッテッドガーが小さい頃は60センチ水槽で飼育することができますが、成長して60センチ水槽だと手狭になってしまったら120センチの水槽に移してあげてください。

 

 

ただ、小さいスポッテッドガーをいきなり120センチ水槽に入れると餌を上手に食べることができないで痩せてしまうことがあるのでスポッテッドガーの成長に合わせて水槽のサイズを大きくしましょう。

 

 

また、スポッテッドガーは体が硬いので水槽の奥行きがちゃんとないと水槽内を自由に泳ぎ回ることができません。

 

 

飼っているスポッテッドガーが水槽の同じところにずっといたりずっと同じ方向を向いている場合は少し水槽のサイズが小さいかもしれません。

 

60センチ水槽と120センチ水槽があればスポッテッドガーを飼育することができます。

2、スポッテッドガーの飼育にオススメの餌

 

 

 

スポッテッドガーを飼育する場合はスポッテッドガーのサイズに合わせて餌を与えるようにしましょう。

 

スポッテッドガーの稚魚を飼育する場合は冷凍の赤虫を溶かしてあげてください。水槽の底に冷凍の赤虫が落ちてしまうとうまく食べることができないので冷凍の赤虫を溶かしたらピンセットで取ってゆっくり水面に浮かせるようにしてください。

 

 

水槽の底に落ちてしまったらピンセットで取ってもう一度水面に浮かせてください。

 

スポッテッドガーが15センチぐらいまで成長したらメダカをあげてください。

 

 

メダカはスポッテッドガーを飼っている水槽に10匹ぐらい一緒に入れておきましょう。一緒の水槽にメダカを入れておけばお腹が空いた時に勝手に食べてくれます。

 

水槽が大きすぎると上手にメダカを食べることができません。15センチ前後のスポッテッドガーを飼育する場合は60センチ水槽で飼育してください。

 

 

スポッテッドガーが30センチぐらいまで成長したら小赤や姉金をあげるようにしましょう。小赤や姉金を与える時も水槽に10匹ぐらい常時入れておきましょう。

 

 

 

こんな記事もオススメです

 

 

スポッテッドガーを混泳させることきに気をつけてほしいことを紹介

スポッテッドガーの飼育方法を紹介!!

アリゲーターガーってどんな魚?アリゲーターの特徴と飼育方法を紹介

 

飼育セット

寿工芸 レグラスフラット F-1200L-LOW

[MEOW MARKET] アクアリウムライト フラット LEDランプ LED900 14w 90cm-120cm (超白光900 14w)

テトラ (Tetra) テトラ (Tetra) バリューEXフィルター VX-90