アロワナの病気について!よくなる病気と治療法について紹介!!

2019年4月27日


アロワナの病気について!よくなる病気と治療法について紹介!!

アロワナも他の魚と同じように病気になることがあります。アロワナは飼育が難しいイメージがありますが、病気になってもちゃんと治療をすれば病気を治すことができます。今回の記事ではアロワナがよくなる病気と病気を治す方法を紹介します。

 

初めてアロワナを飼った人や、アロワナが初めて病気になったって人は何をすればいいのかわからないと思います。

 

アロワナも他の魚と同じように病気になったり、アロワナしかならない病気もあるので、アロワナを飼育する前にアロワナがよくなる病と病気になった時にどうすればいいのかを知っておくのが大切だと思います。

 

病気になった時の対処法を知っていれば、アロワナを長生きさせることができます。

 

今回の記事では、アロワナがよくなる病気と病気になった時の対処法を紹介するので、アロワナを飼っている人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではアロワナがよくなる病気を紹介します。

 

1、白点病

 

 

アロワナも他の魚と同じように白点病になります。白点病は金魚や熱帯魚などでもよくなる病気です。

 

体に白い斑点がつくのが白点病です。白点病はイクチオフチリウスという寄生虫が体に寄生することで発症します。

 

白点病は寄生虫に寄生されてなる病気なので、放っておくと水槽内で寄生虫どんどん繁殖して、水槽内で飼育している全ての魚に寄生してしまいます。

 

白点病になると体が痒くなって水槽内の石や流木などに体をこすりつけるようになります。この時に体の表面に傷ができてしまって、そこから寄生虫が体に侵入してより状態を悪くします。

 

そのままにしておくと身体中に白点が見えるようになり、最終的には死んでしまうので、早めに治療するようにしましょう。

 

白点病になっている魚を見つけたら水槽内に寄生虫が繁殖しています。この寄生虫は25度以下の水温を好み、低温だと活発に繁殖するので、まずは水温が下がらないようにしましょう。

 

冬場など水温が下がりやすい時期は白点病になってしまうことが多くなるので特に注意してください。

 

白点病になると体に小さい白い点がいくつか見えるようになります。白点病になると体が痒くなってしまうので、体を擦りつけるような動きをします。変な動きをしているなと思ったら白点がないか確認してみてください。

 

 

白点病の治療方法

 

 

 

水温が高くなるとイクチオフチリウスは繁殖することができなくなるので、白点病になった場合は、まずは水温をあげてください。

 

いきなり水温が高くなると魚にストレスになってしまうので、1日に1〜2度ほどあげていって、30度まで水温をあげてください。

 

水温をあげたらメチリンブルーかニューグリーンFを使って薬浴させるか、全水量の0.5〜1%ぐらいの塩を入れて塩浴させてください。薬浴1回だけでは全ての寄生虫は除去できないので、2回ぐらいは薬浴させるのがいいと思います。

 

白点病に似た、花粉病という病気もありますが、これもメチリンブルーがニューグリーンFで薬浴させれば治すことができます。

 

ただ、アロワナは他の熱帯魚に比べて薬に弱いので薬浴させる場合は規定量の3分の1程度の薬を入れて様子をみるようにしましょう。

 

白点病は餌に金魚から持ち込まれることが多いので、金魚を与える場合は数日別の水槽で様子をみて、白点病になっていないかなどよく観察してから与えるようにしましょう。

 

 

2、松かさ病

 

 

松かさ病はエロモナス病とも呼ばれる病気で、エロモナス菌が体内に侵入することで発症する病気です。

 

松かさ病は金魚などがよくなる病気ですが、アロワナも松かさ病になることがあります。

 

松かさ病は鱗が立っていって最後には死んでしまいます。最初は2枚ぐらい鱗が立ったりするのですが、そのまま放置していると、どんどん鱗が立っていきます。

 

松かさ病は治療が難しく、発見が遅れてしまうと完治させることは難しいと思います。なので、餌をあげているときは鱗が立っていないか確認するようにしましょう。

 

ちゃんと見れば鱗が立っていることに気がつくことができますが、意外に気づかずに症状が進行していることがあります。

 

松かさ病になっていない確認するには、尻尾の方から見るのがいいと思います。頭の方から見るより尻尾の方から見た方が鱗が立っているのに気付きやすいです。

 

松かさ病の治療方法

 

松かさ病になった場合には水温を33度にまであげて、薬浴か塩浴をさせてください。塩浴よりも薬浴の方がよく効くので、薬浴の方がいいと思います。

 

松かさ病の場合はグリーンFゴールドなどの細菌感染症用のもので大丈夫です。

 

松かさ病になる原因は水質の悪化です。なので、松かさ病になってしまったら、水換えをして底砂などがある場合には、底砂や水草などを洗っておきましょう。

 

エロモナス病になると松かさ病の他に眼球が飛び出してしまうポップアイや鱗が剥がれて体に穴が空いてしまう穴あき病になります。

 

エロモナス菌は濾過がちゃんと機能していない水槽に多く発生するので、濾過能力の高いフィルターを使ってしっかりと水質を管理するようにしましょう。

 

 

3、水カビ病

 

水カビ病は水カビがアロワナの傷に付着して繁殖することでなる病気です。

 

体やヒレなどに白いモヤモヤがついていたら水カビ病の可能性が高いです。水カビ菌は水中に必ず存在しています。餌の食べ残しやフンなどのゴミがあると水カビが繁殖しやすくなるので、日頃から水槽の底にゴミが溜まらないようにしましょう。

 

水カビ病は怪我をしているところや他の病気の患部にできることが多いです。なので、アロワナが怪我をしている場合や病気になっている場合は特に水カビが繁殖しないように食べ残しなどがあったらすぐにプロホースなどで吸い出すようにしてください。

 

水カビ病の治療方法

 

水カビ病になった場合はメチレンブルーを使って薬浴させるか塩水浴をするようにしましょう。また、ピンセットや綿棒で体について水カビを取り除く方法がありますが、アロワナが暴れることもあるので、水カビを取り除く場合は気をつけて下さい。

 

 

4、カラムナリス病

 

 

尾腐れ病とも呼ばれている病気です。

 

カラムナリス病はカラムナリスという細菌に感染することで発病する病気で、他の病気に比べて短期間で症状が進んでしまうので注意が必要な病気です。

 

カラムナリス病になると発症した場所の組織が壊死して溶けて行きます。発症した場所によって、尾ぐされ病や鰭ぐされ病、口ぐされ病などと呼ばれます。

 

カラムナリス病は硝酸塩の濃度が高くなったり、フィルターが目詰まりして水質が悪化することが原因でなることが多いです。

 

ヒレの先が充血したり溶けていたりしたらカラムナリス病のサインです。症状の進行が早いので、日頃か水質の管理をしっかりして、様子をよく確認して早めに発見するようにしましょう。

 

 

カラムナリス病の治療方法

 

 

カラムナリス病になった場合は水換えをして水質を改善した後に、塩水浴かグリーンFゴールドを使って薬浴させるようにしましょう。カラムナリス菌は感染力の強いので、水換えをした後は使った道具をよく洗いしっかり乾燥させて他の水素に移らないようにしましょう。

 

 

5、顎ズレ・背曲がり

 

病気ではありませんが、アロワナを飼育していると顎がずれてしまったり、背骨が曲がってしまうことがあります。

 

原因はよくわかっていませんが、栄養障害が原因だと言われています。顎がずれてしまっても問題なく飼育することはできますが、鑑賞性が下がってしまいます。

 

顎ズレや背曲がりは栄養障害だと考えられていて、幼魚のときにしっかりと餌を食べることができないと発症すると言われているので、幼魚を飼育する場合はしっかりと餌を与えて飼育するようにしましょう。

 

顎ズレはいどなると治すことはできませんが、背曲がりは幼魚のうちであればしっかりと餌を与えることで治ることがあります。

 

ブラックアロワナベビーを飼育するときに気をつけて欲しいことを紹介

 

 

アロワナは薬に弱いから注意が必要

 

 

他でも紹介していますがアロワナは薬に弱い面があるので、病気を発見して薬用する場合には規定量の3分の1ぐらいにしましょう。

 

規定量の半分以上薬を入れると死んでしまうことがあるので注意してください。

 

規定量の3分の1入れても病気が改善しない場合には様子をみながら水を替えて、もう一度薬を入れてください。

 

 

こんな記事もオススメです

 

 

アロワナが餌を食べない時どうしたらいい?アロワナが餌を食べない時の対処法を紹介

アロワナを飼おう!!種類別アロワナの平均寿命を紹介!!

アロワナを飼育する時の注意点を紹介!!