アロワナの値段ってどのぐらい?色々なアロワナの相場を紹介!!

2019年4月21日


アロワナの値段ってどのぐらい?色々なアロワナの相場を紹介!!0517_convert_20150531200758

アロワナには色々な種類がいます。アロワナの中にはものすごく値段の高いものもいれば、安くて買いやすい値段のものもいます。今回の記事ではアロワナのおおよその値段を紹介します。

 

 

アロワナはすごく高い魚でお金持ちしか買えないってイメージありますよね。

 

 

中には何十万円もするアロワナもいますが、安いものでは5000円ぐらいから、もっと安いものでは2000円ぐらいで購入することができます。

 

飼育が難しそうだからなかなか買えないって人も値段が高そうだからなかなか買えないって人でも、意外に簡単にアロワナを買うことができます。

 

今回の記事ではアロワナの値段を紹介するので、アロワナを飼ってみたいって思っている人は是非読んでみてください。

 

それでは色々なアロワナの値段を紹介します。

 

 

 

 

1番安いアロワナは?

(熱帯魚)シルバーアロワナ Mサイズ(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

 

1番安いアロワナはシルバーアロワナです。

 

ベビーであれば2000円ぐらいで購入することができます。20㎝を超える大きめの個体でも5000円ぐらいで購入することができます。アロワナを安く購入しようと思ったらシルバーアロワナがオススメです。

 

シルバーアロワナはアロワナの中でも飼育が簡単な種類なので、今までアロワナを飼ったことがない人でもオススメです。

 

いきなり値段の高いアロワナを飼育するよりもまずは値段の安いシルバーアロワナ飼って、アロワナの飼い方を勉強するのがいいと思います。

 

シルバーアロワナは大きく成長して、1メートルぐらいまで成長するので、飼育する場合は150cm以上の大きな水槽が必要になります。

 

水槽のサイズはアロワナの大きさに合わせて少しずつ大きくするようにしましょう。ベビーを飼育する場合は45cm水槽で飼育して、水槽が手狭になったら90cm水槽などの大きな水槽に移すようにしましょう。

 

ベビーを大きさ水槽で飼育すると餌をうまく見つけることができずに、餌を食べられず痩せてしまうことがあるので気をつけてください。ベビーに餌を与えるときは、冷凍のアカムシを解かして、割り箸やピンセットで水面に浮かべるようにして与えましょう。

 

餌が水槽の底に沈んでしまうと餌を食べられないので、沈んだ餌は一度回収してまた水面に浮かべるようにしましょう。

 

 

 

 

2番目に安いアロワナは?

 

 

 

シルバーアロワナの次に安いアロワナはブラックアロワナです。

 

ブラックアロワナのベビーは今結構人気で流通量も増えているので比較的安く購入することができます。安いものでは4000円ぐらいで購入することができます。

 

 

ブラックアロワナはシルバーアロワナに比べて水質の変化に弱くて飼育が難しいので、飼育する際には水あわせなど十分注意してください。

 

幼魚の場合にはなおさら飼育が難しくなるので、水質が悪化しないように、pHをしっかり測って水質を管理するようにしてください。

 

 

アロワナは幼魚でも泳ぐ力は強く、水槽から飛び出してしまうことがあります。1㎝ぐらいの隙間があるとそこから飛び出してしまうので、水槽にはちゃんと飛び出し防止の対策をしてください。

 

蓋にはちゃんと重りを設置していないと蓋を飛ばしてしまうことがあるので、ペットボトルに水を入れて蓋の上に設置するようにしましょう。

 

 

1番高いアロワナは?

created by Rinker
アジアアロワナ紅龍
¥2,160,000 (2019/09/19 02:19:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

安いものでは2000円で購入するすることができるアロワナですが、高いものはものすごく高いです。

 

20万円なんてのはザラで高いものでは100万円を超える個体も販売されています。加背金龍などは有名でアロワナをよく知らない人でも名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

この種類が1番高いって言うことはできませんが、加背金龍はすごく見た目もきれいで高級感もあるので、高いアロワナを飼育したいって思う人にはオススメです。

 

安いものでは5万円ぐらいから販売されています。アジアアロワナは下取りされたものが安い値段で販売されています。なるべく安い値段で購入したい場合はそういったお店に行って見るのがいいと思います。

 

あまり安すぎると質が悪かったりすることがあるので、ある程度アロワナの飼育になれてから、ちゃんと個体をみて購入するのがいいと思います。

 

アロワナに限らず熱帯魚や他の古代魚にはプラチナ種と呼ばれる種類の魚がいます。

 

プラチナ種の魚は、突然変異で色素が出ないので、体の色が白いまま成長します。アルビノと似ていますがアルビノは遺伝によってなるもので、目も赤くなりますが、プラチナの場合は突然変異によってしかならないし目も赤くなりません。

 

アルビノの場合はアルビノのオスとメスを交配させれば安定的に繁殖させることができるので、値段もそこまで高くありませんが、プラチナの場合は突然変異でしか出てこないので、安定的に繁殖させることができずに値段も高額です。

 

ブラックアロワナのプラチナは小さな幼魚でさえ50万円を超えてしまうので、20㎝を超える成魚の場合はもっと値段が高くなります。

 

 

こんな記事もオススメです

 

 

アロワナを飼おう!!種類別アロワナの平均寿命を紹介!!

アロワナの餌を通販で購入するときの注意点!!生き餌を購入するときに用意しておくものを紹介

アロワナが鱗欠けになってしまった時の対処法を紹介

 

 

飼育セット

寿工芸 レグラスフラット F-1200L-LOW

[MEOW MARKET] アクアリウムライト フラット LEDランプ LED900 14w 90cm-120cm (超白光900 14w)

テトラ (Tetra) テトラ (Tetra) バリューEXフィルター VX-90