アロワナの餌を通販で購入するときの注意点!!生き餌を購入するときに用意しておくものを紹介

2018年8月2日

アロワナの餌を通販で購入するときの注意点!!生き餌を購入するときに用意しておくものを紹介izaberu00311

アロワナの餌を用意するのって大変ですよね。ワームやコオロギをあげていると保存も大変だし売っているとこをも少なくて大変ですよね。ただ、通販でアロワナの餌を購入する場合には注意が必要です。今回の記事ではアロワナの餌を通販で購入するときの注意点を紹介します。

[ad#co-1]

 

 

アロワナはワームやコオロギといった生き餌をよく食べます。カーニバルなどの人工餌も食べますが大きくなってくると食いつくが悪くなってくることがあります。

 

個体によっては全く人工餌を食べないアロワナもいるので、人工餌を食べない場合にはワームなどの生き餌をあげる必要があります。

 

アロワナも人工餌よりもワームやコオロギといった生き餌の方が美味しいのか食いつきも良いです。

 

ただ、ワームやコオロギを定期的に購入するのは結構大変だと思います。販売しているお店も少ないし、通販で買う場合でも注意が必要です。

 

今回の記事ではアロワナの餌を通販で購入するときの注意点を紹介するので、アロワナを飼育している人は是非読んでみてください。

 

 

それではアロワナの餌を通販で購入するときの注意点を紹介します。

 

 

 

 

1、ミルワームやコオロギを購入する際の注意点

 

 

 

ミルワームやコオロギを通販で購入する場合は、ちゃんと死着保障があるかを確認しましょう。

 

死着保障とは、宅配便が届いて箱を開けて熱帯魚が死んでいたら保障をするってことです。

 

大体のお店では死着保障がついていますが、それがワームやコオロギといった生き餌まで対応してもらえるのか確認しておくのがいいと思います。

 

 

熱帯魚には死着保障がつくけど生き餌にはつかないってお店では買わないほうがいいと思います。ワームやコオロギはそんなに簡単に死にませんが、冬場など気温が下がる時期は死んでしまうことがあります。

 

 

夏場も暑すぎるとワームが死んでしまうことがあります。熱帯魚に比べれば生き餌が死んで届くってことはありませんがそれでも死着保障のついているお店で購入するようにしましょう。
[ad#co-1]

2、購入する前にふすまを用意しておく


江別製粉 小麦ふすま 500g (チャック付き袋)
ワームを飼育する場合はふすまが欠かせません。コオロギを飼育する場合にも少量でもふすまがあった方が良いです。

 

 

ワームを購入するとふすまに入って送ってきてもらえますが、夏場など2週間ほどでふすまが湿ってきて保存しているワームが死にやすくなってしまいます。

 

なので夏場などは2週間ぐらいたったらふすまを交換できるようにふすまを用意しておきましょう。

 

通販で購入して届いたワームと一緒に入っているふすまが湿っていたり濡れていたりする場合もふすまを交換しておいたほうが良いです。

 

 

ふすまもそんなに高いものではないので、ケチらずに用意しておくのが無難だと思います。1キロで400円ぐらいで購入することができるので、1キロぐらいはストックしておくのがいいと思います。

 

ワームはふすまを食べるので、ふすまを入れておけば餓死したりすることはありません。入れすぎると熱がこもってワームが死に易くなるのでプラケースなどで保存する場合は2センチ程度積もるぐらいにしておきましょう。

 

 

 

 

3、ミルワームとコオロギの保存方法

 

 

 

ちゃんと保存をしてミルワームやコオロギが死なないように気をつけることは大切です。ミルワームやコオロギをせっかく購入したのに死んでしまうとちょっともったいないですよね。

 

なので、通販で購入するまえに保存するための環境を整えておきましょう。

 

コオロギを保存する場合は新聞紙を適当に丸めてプラケースに一緒に入れてください。小さい器に水に濡らした新聞紙を入れるか、昆虫用のゼリーを一緒に入れておいてください。

 

湿度が高くなると死んでしまうので、なるべく日陰で風通しのいいところにおいてください。

 

ワームを保存する場合は、ワームをそのままプラケースに入れて日陰で風通しのいいところにおいておきましょう。ワームと一緒に入っているふすまが湿ってきたら交換しましょう。ワームも湿度が高くなると死んでしまうので、注意してください。

 

餌はなんでも食べるので、野菜などを適当に入れておきましょう。小赤なども食べるので、アロワナ用に買っている生き餌が死んでしまったら、ワームにあげておけば経済的にもいいと思います。

 

 

4、夏場は特に注意が必要

 

 

冬場であれば、蒸れたりしないのでそこまで心配しなくても良いですが、夏場は特に気を付けてください。

受け取るのが遅れたり、受け取ってからそのままにしているとダンボールの中の温度が高くなったり蒸れてしまって、コオロギやミルワームが全滅してしまうことがあります。

 

冬場であれば死んでしまうことは少ないですが、夏場の気温が高い季節は全滅してしまうことがあるので、ちゃんと受け取れる時間を指定して購入するようにしましょう。

 

ミルワームやコオロギを通販で購入したら、早めにプラケースなどに移して涼しくて風通しの良い場所で飼育してください。

 

 

 

 

こんな記事もオススメです

 

アロワナを飼おう!!種類別アロワナの平均寿命を紹介!!

アロワナを飼育する時の注意点を紹介!!

アロワナが餌を食べない時どうしたらいい?アロワナが餌を食べない時の対処法を紹介