トロピカルジャイアントガーってどんな魚?特徴と飼育方法を紹介

2019年5月8日


トロピカルジャイアントガーってどんな魚?特徴と飼育方法を紹介トロピカルジャイアントガーはガーの中でも色がとても綺麗な種類の魚です。白っぽい体に茶色い模様がとても綺麗な魚です。今回の記事ではトロピカルジャイアントガーの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

[ad#co-1]

 

 

トロピカルジャイアントガーはガーの中でも見た目が綺麗なので人気の高い種類の魚です。

 

トロピカルジャイアントガーは最大で1メートルまで成長してしまうので、大きめの水槽が必要になります。150センチ以上の水槽じゃないと飼育することができないので、トロピカルジャイアントガーを飼育する場合は大きめの水槽を用意しておきましょう。

 

 

今回の記事ではトロピカルジャイアントガーの特徴と飼育方法を紹介するので、トロピカルジャイアントガーを飼ってみたいって思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではトロピカルジャイアントガーの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

 

 

トロピカルジャイアントガーの特徴

 

 

 

トロピカルジャイアントガーはメキシコ原産のガーバイクです。

 

トロピカルジャイアントガーは白と茶色の模様がとても綺麗なのでガーバイクの中でも人気の高い種類の魚になります。

 

ガーバイクの中でも体が太く成長する種類の魚でとても重量感のある魚です。体長も大きく成長して、最大で1メートルぐらいまで成長します。

 

体も太く鱗も硬いので、狭い水槽では自由に泳ぎ回ることができずに死んでしまったり、水槽を壊してしまうことがあります。

 

なので、トロピカルジャイアントガーを飼育する場合には大きめの水槽が必要です。幅が180センチ以上の大型の水槽が必要になります。

 

 

ガーバイクは成長が早く10センチ前後の幼魚を飼育し始めた場合は半年で60センチを超えてしまうことがあります。

 

60センチを超えると体も太くなってくるので、小さい水槽では飼育ができなくなってきます。

 

半年後には120センチ以上の水槽が必要になるので、トロピカルジャイアントガーを購入する場合は十分考えてから購入するようにしましょう。

 

[ad#co-1]

トロピカルジャイアントガーの飼育方法

 

 

 

トロピカルジャイアントガーは水温と水質をちゃんと維持していれば病気になったり死んでしまったりすることはありません。

 

気をつけることが痩せる気ないように餌やりに気をつけてください。

 

10〜20センチの段階であまり餌が食べられず栄養がちゃんと取れていないと奇形になってしまったり、ちゃんと成長しなかったりします。

 

10センチ前後の幼魚の場合は冷凍の赤虫を溶かしてあげてください。成長して20センチぐらいになってきたらメダカも食べられるようになるので、メダカといった生き餌をあげてください。

 

水槽の中にメダカを10匹前後入れて一緒に飼育していれば、勝手に食べてくれるので栄養不足にはなりずらいです。

 

 

もう少し大きく成長して30センチぐらいにまで成長すれば子赤や姉金といった金魚も食べられるようになるので、金魚も10匹前後を同じ水槽に入れてください。

 

一緒に入れている金魚やメダカといった生き餌が少なくなってきたら、また水槽に入れてください。

 

 

慣れてくれば人工餌を食べることができますが幼魚の時は冷凍赤虫とメダカで飼育するのがいいと思います。人工餌に慣れさせるにはある程度大きくなって体も太くなってきたらグリルや乾燥餌といった人工餌に慣れさせるのがいいとおもいます。