スポテッドガーってどんな魚?スポテッドガーの特徴と飼育方法を紹介

2018年8月2日

スポテッドガーってどんな魚?スポテッドガーの特徴と飼育方法を紹介スポッテッドガーはヒョウ柄のような模様がとても綺麗なが魚です。古代魚の中でもとても人気の高い種類の魚なので買ってみようと思う人も多いと思います。今回の記事では、スポッテッドガーの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

[ad#co-1]

 

 

スポッテッドガーはガーバイクの中でもそこまで大きく成長しないので、初めてガーバイクを飼育する場合にはとてもオススメの魚です。

 

性格もおとなしく同サイズの魚とだったら混泳させることもできるので、飼育していても楽しいと思います。

 

体も丈夫でそんなに病気になったりすることもないのでアクアリウム初心者の人でも簡単に飼育することができると思います。

 

今回の記事では、スポッテッドガーの特徴と飼育方法を紹介するので、飼ってみようと思う人はぜひ読んでみてください。

 

それではスポッテッドガーの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

 

 

 

1、スポッテッドガーの特徴

 

スポッテッドガーは体の横に茶色ラインが入ったとてもかっこいい見た目の魚です。

 

成長するにつれてヒョウ柄のような模様が出てきてとてもかっこよく成長します。スポッテッドガーはアメリカのミシシッピ川に生息していて、テキサス州やメキシコなどにも生息しています。

 

スポッテッドガーはガーバイクの中でも小型の種類で体調が60センチほどまでしか成長しません。

 

トロピカルジャイアントガーなどは1メートル近くまで成長するので、他のガーバイクに比べれば小さい水槽で飼育することができるので、ガーバイクを飼ったことがない人でも飼いやすいと思います。

 

60センチまでしか成長しないので、90センチぐらいの水槽で飼育することができます。トロピカルジャイアントガーを飼育する場合は180センチ以上の水槽が必要になります。

 

 

トロピカルジャイアントガーなどの大きく成長するガーバイクを飼育するよりも水槽のサイズも小さくて済むので飼育が簡単です。
[ad#co-1]

2、スポッテッドガーの飼育方法

 

 

 

スポッテッドガーを飼育する場合は水温と水質の変化に気をつけましょう。水温と水質が安定していれば、病気になることはあまりありません。

 

 

水温は20〜28度の間で飼育してください。pHは7前後で安定させていれば病気になったりすることもありません。

 

 

水温や水質が急激に変化してしまうと病気になったりショックを受けて死んでしまったりすることがあるので注意してください。

 

水温と水質が安定していれば餌の量にだけ注意してください。

 

餌がちゃんと食べられないと病気になりやすくなるので注意してください。幼魚の時は冷凍赤虫を溶かして与えてください。大きくなってきたらメダカなどの生き餌を食べれるようになります。20センチ前後まで成長したら、水槽の中にメダカを10匹ぐらい入れて飼育してください。

 

 

早いと1〜2日ぐらいで全部食べてしまうので、減ってきたら新しくメダカを10匹前後足してください。たくさん餌がある環境だと痩せたりすることはないので、ある程度大きく成長してしっかり太るまでは生き餌と一緒に飼育してください。

 

 

 

 

3、スポッテッドガーを混泳させる方法

 

 

 

スポッテッドガーは性格がおとなしく、他の魚と喧嘩をしたしすることはないので、サイズが違いすぎなければ混泳させることができます。

 

ただ、口に入るサイズの魚と混泳させてしまうと食べてしまうことがあるので注意してください。鱗も硬いので、他の魚と喧嘩をしても怪我をしたりすることもないので安心して混泳させることができます。

 

アロワナと混泳させる場合には飼育しているアロワナよりも少し小さ目のスポッテッドガーと混泳させてください。

 

 

 

こんな記事もオススメです

 

スポッテッドガーを混泳させることきに気をつけてほしいことを紹介

スポッテッドガーって何を食べるの?オススメの餌を紹介!!

スポッテッドガーの成長速度と最大でどのぐらいのサイズになるのかを紹介