アリゲーターガーの餌について紹介!!

2018年8月2日

アリゲーターガーの餌について紹介!!アリゲーター

アリゲーターガーは世界最大の淡水魚として知られています。大型の魚を飼ってみたいと思う人も多いと思います。今回の記事ではアリゲーターガーの餌について紹介します。

 

[ad#co-1]

 

 

 

アリゲーターガーは最大で体調が2.5メートルまで大きくなります。

 

 

アリゲーターガーを買ってみたけど、大きくなりすぎて飼いきれなくなって逃がしてしまう人が多いです。アリゲーターガーは体が丈夫なので、逃がされたアリゲーターガーが日本の川で野生化してします。

 

飼育下だったら2.5メートルまで大きくなることはありませんが、2メートルぐらいまでは大きくなることがあるのでアリゲーターガーを飼育する場合は十分気をつけてください。

 

 

180センチ水槽でもアリゲーターガーには手狭になってしまうので、それ以上の水槽を用意することができない場合はアリゲーターガーを飼育するのはやめておきましょう。

 

 

今回の記事では、アリゲーターガーを飼育するときにオススメの餌を紹介するので、アリゲーターガーを飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではアリゲーターガーを飼育するときにオススメの餌を紹介します。

 

 

 

 

1、アリゲーターガーの稚魚にオススメの餌

 

 

 

アリゲーターガーの稚魚を飼育する場合は冷凍の赤虫を溶かしてあげるのがいいでしょう。

 

 

冷凍の赤虫を溶かして、溶けたらピンセットで取って少しずつ水素に入れてあげてください。15センチぐらいになるまでは、赤虫で飼育するのようにしましょう。

 

アリゲーターガーはあまり餌食べるのが上手じゃありません。水槽の底に赤虫が沈んでしまうとうまく食べることが出来ません。

 

 

赤虫が水槽の底に沈んだらピンセットで取ってもう一度水面に浮かせるようにしましょう。

 

稚魚の時にたくさん餌を与えた方が体が丈夫に成長します。稚魚の時にちゃんと餌を食べられないと背曲がりが起きたり成長不良が起きたりするので十分気をつけてください。

 

 

稚魚を飼育する場合は1日に3回ぐらい餌をあげて食べられるだけ与えるようにしましょう。
[ad#co-1]

2、15センチ以上のアリゲーターガーにオススメの餌

 

 

 

アリゲーターガーが15センチ以上に成長したらメダカを与えるのがいいでしょう。

 

メダカをアリゲーターガーと一緒の水槽にメダカを5匹ぐらい一緒に入れておきましょう。メダカをアリゲーターガーと一緒の水槽に入れておけばアリゲーターガーが勝手にメダカを食べてくれます。

 

 

体が小さいころにちゃんと餌を食べられないと成長不良がおきて背中が曲がったりします。成長不良がおきると長生きすることができないので、ちゃんと餌をあげるようにしましょう。

 

 

 

 

3、大きく成長したアリゲーターガーにオススメの餌

 

 

 

アリゲーターガーが大きくなったら、姉金をあげるのがいいと思います。

 

15センチ前後のアリゲーターガーにはメダカを与えるのがおすすのですが、30センチ以上に大きくなったらメダカだけでは足りなくなるので、姉金をあげるのがいいと思います。

 

 

姉金を与える時もアリゲーターガーの水槽に一緒に入れるようにしましょう。一緒に入れておけば勝手に餌を食べてくれるので、健康な状態で育てることができます。

 

アリゲーターガーの成長に合わせて大型の水槽を用意することができないからといって狭い水槽で飼育していたり、餌の量を抑えていたりすると成長不良がおきて背骨が曲がってしまったりしてしまいます。

 

 

アリゲーターガーを飼育する場合はちゃんと餌をあげて大き水槽で飼育してあげるようにしてください。

 

 

 

こんな記事もオススメです

 

スポッテッドガーって何を食べるの?オススメの餌を紹介!!

スポッテッドガーを混泳させることきに気をつけてほしいことを紹介

スポッテッドガーの飼育方法を紹介!!