アフリカンシクリッドを飼いたい人へ!アフリカンシクリッドの飼育方法について紹介!!

2022年5月21日

シクリッド

アフリカンシクリッドは見た目が美しく綺麗な魚です。アフリカンシクリッドは種類も多く、種類によっては飼育も簡単なので今まで熱帯魚を飼ったことがない人にもオススメです。今回の記事では、アフリカンシクリッドの飼育方法について紹介します。

アフリカンシクリッドはカラフルな見た目をしていてとても綺麗な熱帯魚です。見た目がとても綺麗なので、人気の高い熱帯魚です。

アフリカンシクリッドは少し気性が荒いので混泳させる場合は注意が必要ですが、体は丈夫で飼育は簡単です。気性が荒いので混泳させる場合は大きな水槽で飼育する必要があるので、以前アロワナやガーバイクを飼育していて大型の水槽が余っている人にはとてもオススメの魚です。

大きな水槽でアロワナやガーバイクなどの大きな魚を飼育するのも楽しいですが、アフリカンシクリッドなどの小さめの魚を混泳させて飼育するのも楽しいと思います。

今回の記事ではアフリカンシクリッドの飼育方法を紹介するので、アフリカンシクリッドを飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

それではアフリカンシクリッドの飼育方法を紹介します。

アフリカンシクリッドについて

アフリカンシクリッドはアフリカのアラウイ湖、タンガニーカ湖、ヴィクトリア湖などの淡水に生息しているスズキ目シクリッド科の魚です。

アフリカンシクリッドはとてもカラフルな見た目をしていて、黄色や青色、メタリックな体色をしている種類が多く、海水魚のような見た目をしています。

アフリカンシクリッドは種類が多いことでも知られていて、500〜600種類ほど存在すると言われています。種類によって体長も様々で30cm以上の大型の種類や15cm以下の小型の種類がいます。シクリッドを飼いたい人へ!人気の高いシクリッドの種類を紹介!!

アフリカンシクリッドの飼育に必要なもの

created by Rinker
CHARM
¥1,530 (2022/10/05 08:39:17時点 Amazon調べ-詳細)

アフリカンシクリッド を飼育する際に必要なものを紹介します。

水槽

アフリカンシクリッドは遊泳力の高い熱帯魚なので、飼育する際は大きめの水槽で飼育するようにしましょう。

15cm以下の小型のアフリカンシクリッドを飼育する場合でも60cm以上の水槽がオススメです。15cm以上に成長する種類のアフリカンシクリッドを飼育する場合は90cm以上の水槽、大型の種類のアフリカンシクリッドを飼育する際は120cm以上の水槽を用意するようにしましょう。

ろ過装置

アフリカンシクリッドは餌を食べる量も多く、フンも多いので、濾過フィルターはメンテナンスが簡単でろ過能力の高い上部フィルターがオススメです。

底砂

底砂なサンゴ砂を使うのがオススメです。

アフリカンシクリッドは弱アルカリ性の水質を好みます。サンゴ砂は弱アルカリ性に水質を傾ける効果があるので、アフリカンシクリッドを飼育する際は底砂はサンゴ砂を使用するのが良いと思います。

アフリカンシクリッドは底砂を掘る習性があるので、底砂は怪我をしないように丸みのあるものを選びましょう。

底砂にサンゴ砂を使用したくない場合はろ材にサンゴ砂を使用するようにんしましょう。カキ殻などが販売されているのでそういったものを購入するのもいいと思います。

ヒーター

アフリカンシクリッドは低温に弱いので、ヒーターを用意して水温が20度以下にならないようにしましょう。水量が増えるとヒーターのワット数も大きなものが必要になるので、水槽のサイズに合わせて用意しましょう。

サーモスタット

サーモスタットは水温が高くなり過ぎないように用意しておきましょう。

アフリカンシクリッドの種類にもよりますが飼育はそれほど難しくなくありません。

アフリカンシクリッドを飼育する時のレイアウトについて

アフリカンシクリッドを飼育する時は石組み水槽で飼育されることが多いです。

先ほども紹介しましたがアフリカンシクリッドは弱アルカリ性の水質を好みます。流木から出るタンニンは水質を弱酸性に傾けてしまうので、石組み水槽で飼育するようにしましょう。

また、アフリカンシクリッドは水草を食べてしまうことがあるので、水草とも相性はよくありません。水草を入れる場合は葉が硬い種類の水草を入れるようにしましょう。

アフリカンシクリッドの餌について

アフリカンシクリッドは比較的なんでも食べます。

人工餌にもすぐなれるので、餌はそこまで気を使わなくて大丈夫です。シクリッド向けの人工餌が販売されているので、それを使用するのが良いともいます。人工餌の他には冷凍のアカムシもよく食べます。

導入時あまり餌を食べてない場合は冷凍のアカムシなど嗜好性の高い餌を与えるのが良いと思います。雑食性の熱帯夜ですが、植物性を好むので植物質が含まれている餌を選ぶのがオススメです。

アフリカンシクリッドを混泳させるときの注意点

アフリカンシクリッドは気性が荒いので混泳させる場合は注意が必要です。

混泳させる場合は大きめの水槽で余裕を持って岩やサンゴを設置して隠れ家を多めに作って飼育するのがいいと思います。

個体によっても縄張り意識が強い個体とそうじゃない個体がいるので、個体によっては喧嘩をしない場合もありますが、喧嘩をすることが多いので、混泳させる場合は怪我をしていないかよく観察するようにしましょう。

また、縄張りが作れないように多めに魚を入れることで上手く混泳させることが出来ますが、アフリカンシクリッドは糞が多いので水換えの頻度を多くなり飼育が多変です。

水質が弱アルカリ性に傾いている場合は糞が溜まるとすぐに水質が悪くなってしまうので注意が必要です。

オーバーフロー水槽の場合は多めにアフリカンシクリッドを入れて混泳させるのもいいと思いますが外部濾過や上部濾過の場合は余裕を持って混泳させるのがいいでしょう。

また、口に入らないサイズの魚とならば混泳させることが出来ます。コリドラスやプレコなどと混泳出来ますが虐められることがあるので虐められている場合は他の水槽に移して下さい。

アイスポッドシクリッドの特徴と飼育方法を紹介!!

小型のポリプテルスが飼いたい人へ!!小型のポリプテルスを紹介

ポリプテルスを飼育する時にオススメの餌を紹介!!