シルバーアロワナを飼育するときに気をつけたいことを紹介

公開日: : 最終更新日:2018/08/02 アロワナの飼育方法

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

シルバーアロワナを飼育するときに気をつけたいことを紹介0517_convert_20150531200758

シルバーアロワナはアロワナの中でも値段がやすいので、初めてのアロワナ飼育にはとてもオススメのアロワナです。ただ、シルバーアロワナを飼育するときには気をつけなければいけない飼育のポイントがあります。今回の記事ではシルバーアロワナを飼うときに気をつけてほしいことを紹介します。

スポンサードリンク

 

 

シルバーアロワナはアロワナ初心者の人にはとてもオススメの魚です。

 

値段も安く、幼魚だったら3000円ぐらいで飼育することができます。20㎝ぐらいの個体でも5000円前後で販売されています。

 

値段も安いので、アロワナを飼ったことがない人でも手を出しやすいのがシルバーアロワナです。ただ、シルバーアロワナを飼育するときには気をつけなければいけないことがあります。

 

 

今回の記事ではシルバーアロワナを飼うときに気をつけて欲しいことを紹介するので、シルバーアロワナを飼ってみようと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではシルバーアロワナを飼うときに気をつけて欲しいことを紹介します。

 

 

 

 

1、シルバーアロワナはアロワナの中でも大きく成長する


(熱帯魚)シルバーアロワナ ベビー Sサイズ(1匹) 本州・四国限定[生体]
シルバーアロワナはアロワナの中でも大きく成長する種類のアロワナです。

 

ちゃんと飼育すればシルバーアロワナは1mぐらいまで成長します。1mのアロワナを飼育する場合には、150㎝の水槽が必要になります。

 

1mまで大きくなると水槽の奥行きも60㎝〜75㎝ぐらいまで必要になります。150㎝の奥行き75㎝の高さ60㎝の水槽となると結構な値段になってくるので、シルバーアロワナを購入する場合にはそれも配慮したうえで購入しましょう。

 

 

水槽のサイズがアロワナの体調に合っていないと運動不足になってしまったりして、美し姿では成長しなくなってしまいます。

 

成長に合わせて水槽のサイズを大きくさせていかなければいけません。シルバーアロワナを飼育する場合には水槽のサイズを3段階で大きくしていく必要があります。シルバーアロワナの値段は安くても設備にはそれなりのお金がかかってしまいますので、シルバーアロワナを飼育する場合には設備にどのぐらいお金がかかるかを考えてから購入するようにしましょう。

 

水槽のサイズが小さいと目ダレの原因になるとも言われているので、ゆったりを飼育できるサイズの水槽で飼育するようにしましょう。

 

2、シルバーアロワナは成長が早い

 

 

 

シルバーアロワナはアロワナの中でも成長が早いです。シルバーアロワナの幼魚を飼育し始めても1年ぐらいで30〜40㎝ぐらいにまで成長します。

 

 

幼魚のときは45㎝ぐらいの小さい水槽で飼育することもできますが、40㎝前後になればもっと大きな90㎝〜120㎝の水槽で飼育する必要があります。

 

1年後には新しい水槽が必要になってきます。

 

 

シルバーアロワナはどんどん大きくなっていくのであらかじめ準備が必要になるので、飼育水や水槽の立ち上げなど余裕をもって準備するようにしましょう。

 

 

 

 

3、水槽さえ準備できればシルバーアロワナの飼育は簡単


寿工芸 レグラスフラット F-1200L-LOW
シルバーアロワナの体長に合わせた水槽を用意することができれば、シルバーアロワナの飼育はそれほど難しくなりません。

 

水温と水質をちゃんと管理できていればそんなに簡単に病気になることもありません。

 

シルバーアロワナは大きくなれば多少なりと目ダレが起きてしまいます。どうしても目が垂れてしまいますのでシルバーアロワナを飼育する場合には覚悟する必要があります。

 

顎ズレは栄養不足が原因でなってしまいます。稚魚の頃からちゃんと餌を与えていれば顎ズレになることはありません。シルバーアロワナの幼魚には冷凍赤虫を溶かして水面に浮かべるようにして与えてください。

 

水面に浮いていればちゃんと食べることができるので、割り箸やピンセットで赤虫を少しとってそっと水面につけて、浮かべるように与えましょう。与える量は1日に3回ぐらい食べるだけ与えるのがいいと思います。

 

 

 

こんな記事もオススメです

 

 

ブラックタライロンを飼おう!!ブラックタライロンの特徴と飼育方法を紹介

アロワナを飼おう!!種類別アロワナの平均寿命を紹介!!

アロワナを飼うにはいくらかかるの?アロワナを飼育するために必要な費用を紹介

 

おすすめの飼育ケージ

寿工芸 コトブキ 1200L SV 4点 LED

寿工芸 コトブキ プロスタイル 1200L ブラック

バックスクリーン ARTI(アルティ)120 ジェットブラック(125×50cm)

この記事の内容が役に立ったと思ったら共有してください!

関連記事

アロワナを繁殖させるにはどうしたらいいの?アロワナを繁殖させる方法を紹介します。

アロワナを繁殖させたいって思う人も多いと思います。非常に珍しいケースですが、日本でアロワナの

記事を読む

ノーザンバラムンディーを混泳させたい人へ!混泳させるときの注意点を紹介

ノーザンバラムンディを他の魚と混泳させる場合には注意が必要です。ノーザンバラムンディは幼魚のころから

記事を読む

ブラックアロワナを混泳させる場合にはどうしたらいい?ブラックアロワナを混泳させる方法を紹介

ブラックアロワナを混泳させようって思う人って多いと思います。ブラックアロワナを混泳させることは難しい

記事を読む

アロワナを通販で購入するときに気をつけたい3つのこと!!

アロワナが自宅の近くの熱帯魚屋さんで販売していないって人も多いんじゃないでしょうか?アロワナ

記事を読む

アロワナの飼育にオススメの人工餌とは?オススメの人工餌を紹介

アロワナを飼育していると、人工餌を食べない個体がいたりして大変ですよね。ワームやコオロギなど

記事を読む

アロワナの値段ってどのぐらい?色々なアロワナの相場を紹介

アロワナには色々な種類がいます。アロワナの中にはものすごく値段の高いものもいれば、安くて買い

記事を読む

アロワナが背曲がりしてしまったときの対処法と飼育するときの注意点を紹介

飼っているアロワナが背曲がりしてしまったって人も多いと思います。なぜ、アロワナは背曲がりがおきてしま

記事を読む

アロワナを飼育するならベアタンクがオススメ!!ベアタンクのメリットを紹介

アロワナなどの大型の魚を飼育する場合には、ベアタンクで飼育するのがオススメです。ベアタンクで

記事を読む

アロワナを飼育するときに気をつけたい3つのこと

何も気にしないで飼育していると、目が垂れてしまったり顎がずれてしまったりすることがあります。

記事を読む

アロワナの餌におすすめのザリガニの保存方法と繁殖方法

アロワナを飼育している人の中にはザリガニを与えているって人も多いと思います。値段は高いですが

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です