初めてアロワナを飼う人へ!アロワナの飼い方を紹介!

2019年4月22日


初めてアロワナを飼う人へ!アロワナの飼い方を紹介!

アロワナはとても人気の高い魚です。見た目もとても綺麗なので飼ってみたいと思う人も多いと思います。今回の記事では、初めてアロワナを飼う人へ向けてアロワナの飼育方法を紹介します。

 

 

 

 

 

アロワナは見た目がとても美しく優雅な魚です。体も大きく迫力もあるので、飼育がとても楽しい魚です。

アロワナを飼育するには大型の水槽が必要になりますが、そこまで大きな設備も必要ないので、意外に簡単に飼育することができます。

 

 

最近ではアロワナの値段も下がっているので、以前よりは安い値段で購入することができます。

 

 

アジアアロワナも以前よりは安い値段で購入することができるので、アジアアロワナを飼ってみたいと思う人は一度値段を調べてみるのもいいと思います。

 

ショップによってはとても安い値段で販売していることがあるので色々と見て回るのもいいと思います。

 

 

今回の記事では、初めてアロワナを飼う人に向けてアロワナの飼育方法を紹介するので、アロワナを飼ってみたいと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

それではアロワナの飼育方法を紹介します。

 

 

 

 

1、アロワナの飼育に必要な水槽のサイズ

 

 

アロワナを飼育する場合は150センチ以上の水槽を用意するのがいいと思います。

 

 

シルバーアロワナを飼育する場合は120センチの水槽で飼育することもできますが、アジアアロワナを飼育する場合は150センチか180センチの水槽を用意するのがいいと思います。

 

また、奥行きは90センチ以上のものを選ぶようにしましょう。アロワナは体が硬いので、奥行きが狭いと水槽内を自由に泳ぎ回ることができなくなってしまいます。

 

 

なので、理想を言えば幅180センチの奥行き90センチの水槽を購入するのがいいでしょう。

 

 

幅180センチの奥行き90センチの水槽は安くても20万円以上します。中古の水槽でも10万円ぐらいはすると思います。

 

 

アロワナの値段は安くなりましたが、水槽の値段は結構高いです。

 

 

アクリル水槽の場合10〜15年ぐらいで寿命がくると言われています。重合接着の場合はアクリル同士を溶かして再結合するので耐久性は高く水漏れはしにくいのです。

 

 

ガラス水槽よりもアクリル水槽の方が寿命は長く値段も安いので、アロワナを飼育する場合はアクリル水槽を購入するのがいいと思います。

 

 

 

 

 

2、アロワナの飼育に必要な餌

 

 

アロワナは人工餌で飼育することが出来ます。

 

 

値段の高いアジアアロワナを飼育する場合は色々な種類の生き餌をあげるのがいいと思いますが、値段の安いシルバーアロワナなどを飼育する場合は人工餌で十分だと思います。

 

生き餌を与えたい場合は、金魚やカエルなどの生き餌がミルワームやコオロギなどの昆虫を与えるようにしましょう。

 

 

ミルワームはコオロギに比べて脂肪分が多いので、ミルワームよりはコオロギの方がオススメです。

 

 

 

 

3、アロワナの飼育環境

 

 

アロワナを飼育する場合は基本的にはphは6.5〜7の間で安定させて、水温は26〜28度の間がいいと思います。

 

 

水温とphはアロワナを飼育している人によって微妙に違います。

 

水温も30度の方が餌をよく食べるから30度にした方がいいといった考え方もあります。

 

 

始めてアロワナを飼育す人は飼っているアロワナの様子を見ながら水温を調整するのがいいと思います。

 

 

こんな記事もオススメです

アロワナを飼育する時の注意点を紹介!!

アロワナを飼うにはいくらかかるの?アロワナを飼育するために必要な費用を紹介

アロワナの飼い方が知りたい!!アロワナの正しい飼い方を紹介